Google アナリティクス 4 ( GA4 )

Google アナリティクス 4 ( GA4 )の設定などの情報をお届けします。

ユニバーサル アナリティクス

GA4 にアップグレードすると、今までのユニバーサル アナリティクス のデータはどうなるの?

投稿日:

年越し前にGA4という方も多いのでは?しかし、もしアップグレードして、過去のデータが見られなくなったら、年が越せなくなります。そこで、アップグレードしたらどうなるかを解説します。

GA4の導入方法は幾つかありますが、下記で解説した方法の場合、以前までの「ユニバーサルアナリティクスのプロパティ」は「ユニバーサルアナリティクスのプロパティ」として残り、過去のデータもそちらから確認することができます

つまりこういうことです。

上記の赤線で囲んだプロパティが、今回新しく追加されるGA4のプロパティ、青線で囲んだのが、従来のユニバーサル アナリティクスのプロパティ(「UA-」と付いている)です。すなわち、下記でご紹介する方法でアップグレードを行った場合、「アップグレード」とは「上書き」ではなく、追加なのです。

過去のユニバーサル アナリティクスのレポートが見られなくなるわけでなないとご理解いただいたところで、アップグレードを始めることにしましょう。

「プロパティ」にアップグレードの項目があります。

GA4のプロパティを作るのは初めてという方は上の方でOK。

チェックボックスには下記のようなことが書いてありますが、「データ収集に与える影響を考慮する必要があります」というところが予備知識が少ないユーザーには分かりにくいので、チェックは入れない。

既存のタグを使用してデータ収集を有効にします。 ただし、タグのカスタマイズは移行できないため、 データ収集に与える影響を考慮する必要があります。

「プロパティ」を作成。

「え、これで終わり?」というあっけなさ。「GA4 プロパティを確認」をクリック。

「GA4 プロパティを確認」をクリックして表示される画面がこれ。予備知識が少ないユーザーにとっては、「一体どうしろと?」という感じ。

上記の画面で大事なのはここです。そう、「タグの設定」。

クリックすると、「アナリティクス ヘルプ」。そうです。タグの実装が必要です。

ということで、GTMへ。

「新しいタグ」

「タグの設定」

これを選択。

「測定 ID」がどこにあるか?は重要です。GA4の管理画面で確認しましょう。

プロパティの「データ ストリーム」をクリック。

先程設定したプロパティをクリック。

「測定 ID」はここにあります。

「測定 ID」を張り付けます。

トリガーは、お馴染み、All Pages。タグの名前を適当に。

あとは「公開」するだけです。

「公開」したら、データが取れているかどうかをリアルタイムで確認するだけです。

O'Reilly Japan - ウェブ最適化ではじめる機械学習
Blog 管理人のおすすめ本

-ユニバーサル アナリティクス

執筆者:

関連記事

GA4 「マルチチャネル」 レポートの実装は?

ユニバーサル アナリティクス では、「マルチチャネル」メニューの中に便利なレポートがあったのですが、GA4には今のところ(2020年11月29日時点)、実装されていないようです。

ウェブ最適化ではじめる機械学習 ―A/Bテスト、メタヒューリスティクス、バンディットアルゴリズムからベイズ最適化まで