Google アナリティクス 4 ( GA4 )

Google アナリティクス 4 ( GA4 )の設定などの情報をお届けします。

アシスト コンバージョン コンバージョン経路 マルチチャネル モデル比較ツール ユニバーサル アナリティクス

GA4 「マルチチャネル」 レポートの実装は?

投稿日:

ユニバーサル アナリティクス では、「マルチチャネル」メニューの中に便利なレポートがあったのですが、GA4には今のところ(2020年11月29日時点)、実装されていないようです。

そこでいったんは、ユニバーサル アナリティクス で実装されていた、「マルチチャネル」メニューの中のレポートを振り返っておきましょう。

アシスト コンバージョン

アシスト コンバージョンとは、コンバージョンはしていないが、コンバージョンに影響を与えた訪問のことです。

たとえば、「ソーシャルネットワーク」をクリックしてみてください。

「facebook.com/referral」に注目すると、facebook.comはコンバージョンに対しては全体の0.51%しか貢献していませんが、アシストコンバージョンの面で見ると、3.86%の貢献があることが分かります。

コンバージョン経路

コンバージョン経路では、コンバージョンに到達するまでに接点となったチャネルが分かります。

1回目のセッション「オーガニック検索」 → 2回目のセッション「ノーリファラー」 → CV到達

という場合を考えます。

「集客」レポートでは「オーガニック検索」のコンバージョン数が1増えます。

「ノーリファラー」でも、過去にさかのぼって「ノーリファラー」以外の参照元のセッションがある場合は、一番近い「ノーリファラー」以外のセッションの参照元を引き継いで、当該セッションの参照元に適用するという仕様だからです。

「マルチチャネル レポート」では、以下のように計測されます。

1. 「コンバージョン経路」レポート(今見ているレポート)において、「オーガニック検索」 → 「ノーリファラ―」という経路のコンバージョン数が1増える

2. 「ノーリファラ―」の終点コンバージョン数が1増える

3. 「オーガニック検索」のアシスト コンバージョン数が1増える

モデル比較ツール

モデル比較ツールは、1つのコンバージョンへの貢献度を、合計100%になるようにユーザーとの接触点に割り振るツールです。

「起点」 「終点」 「線形」の3つを選択してみてください。

「起点」 「終点」 「線形」の3つを選択した状態です。

右端の「コンバージョンの変化率」の計算式は上記の通りです。

「有料検索」の広告費は$4,439.54で、起点で見ると有料検索を最初に使用し、いずれかでコンバージョンした件数は2,452件、その時のCPAは$1.81。有料検索を最後に使用しコンバージョンした件数(終点)は2,182件、その時のCPAは$2.03(顧客獲得単価)。起点終点を比較すると、「有料検索」は起点の方がささっていることがコンバージョンの変化率から分かります。

-アシスト コンバージョン, コンバージョン経路, マルチチャネル, モデル比較ツール, ユニバーサル アナリティクス

執筆者:

関連記事

GA4 にアップグレードすると、今までのユニバーサル アナリティクス のデータはどうなるの?

年越し前にGA4という方も多いのでは?しかし、もしアップグレードして、過去のデータが見られなくなったら、年が越せなくなります。そこで、アップグレードしたらどうなるかを解説します。

ウェブ最適化ではじめる機械学習 ―A/Bテスト、メタヒューリスティクス、バンディットアルゴリズムからベイズ最適化まで